収納スペースに余裕を!子どもがお片づけ上手になるコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Toybox

9ヶ月から1歳頃になると、ママとのやりとり遊びができるようになりますね。

「ちょうだい」「どうぞ」ができるようになると、同じ場所に決まったものを集めることができるようになります。

これがお片付けの第1歩です。

今回はお片付けができるようになる方法を紹介します。

・お片付けのルールを決める

「ちょうだい」「どうぞ」ができると、ママが指示した場所におもちゃを入れることができるようになります。

しかしこの行動は、まだ「ただ入れている」にすぎません。

お片づけにステップアップするには、ルールを決める必要があります。

たとえば、夕食前にはおもちゃを片付けないと食事ができない、出かける前には片付けるなど、ルールを決めましょう。

難しくないルールを決めて、ママは手出しをせず、決めたルールを守れるようにすることが大切です。

・お片付けをわかりやすく指示する

「片付けなさい」と指示して、ママが夕食作りをしているのでは子どもには伝わりません。

片付けが何をどうする行動なのかがわかるのはまだ先です。

何をどこにどうしてほしいのか、具体的な指示をしましょう。

ぬいぐるみを全部赤い箱に入れてね、絵本は立てて入れようねと、近くで教えながら片付けができるように応援してあげましょう。

・片付けが身につく部屋づくり

穴の大きさに合わせて積み木を入れるおもちゃがあるように、何をどこに入れるかしっかり決まっていたら、お片づけは1歳頃からできます。

そのためには、お片づけをわかりやすく指示するのと同時に、すっきりした収納スペースを作ることが大切です。

ぎゅうぎゅう詰めの棚だと、元通りにおもちゃを収めることは大人でも難しいですよね。

収納スペースに余裕を作りスッと出し入れできれば、3歳近くになるとしっかりとお片付けができるようになりますよ。

Toybox / benfulton

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。