日本人の90%!虫歯の原因ミュータンス菌とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Aaaagh!

赤ちゃんにキスをすると虫歯がうつるという話を聞いたことがあるかもしれません。

これは本当の話で、虫歯がうつるというよりパパやママが持っている虫歯菌がうつってしまうのです。

子どもが虫歯になりやすいか、なりにくいかは3歳頃までに決まってしまうと言います。

今回は子どもの虫歯について紹介します。

・赤ちゃんは虫歯菌を持っていない

生まれたばかりの赤ちゃんは虫歯菌を持っていません。

それなのに虫歯になるということは、やはりパパやママから感染するのが原因とされています。

パパやママがキスしたり、同じスプーンを使ったり、固いものを噛み砕いてから食べさせることで虫歯菌が赤ちゃんの口へ入ってしまいます。

・ミュータンス菌とは

パパやママの口の中には様々な細菌があり、虫歯を引き起こす代表的な菌とされるミュータンス菌が存在します。

今は虫歯がなくても過去に虫歯になったことがある場合ミュータンス菌は口の中に存在し、日本人の約90%がミュータンス菌を持っていると言われています。

歯が生えていない赤ちゃんにミュータンス菌がいなくても、3歳までにパパやママから感染すると、その虫歯菌は一生住み続けてしまうのです。

・虫歯菌に感染する時期が早いほど虫歯になりやすい

虫歯菌が感染しやすい時期は1歳7ヶ月から2歳7ヶ月です。

いつか感染してしまうならその時期が早くても遅くても関係ないと思われますが、感染する時期が遅ければ遅いほど虫歯になる可能性が低くなります。

口の中に潜む菌のバランスは基本的に一生変わらないと言われているので、菌が移る時期はできるだけ遅い方が良いのです。

もちろん虫歯菌がうつらないことが1番良いのですが、うつる時期を遅くするのもとても重要ですね。

パパやママの腔内環境を整え、間接キスを避けて子どもを虫歯から守ってあげましょう。

・歯周病菌も感染する

歯周病菌は虫歯菌と比べて、感染する可能性がある期間が長く、大人になっても、夫婦間でも感染する可能性があります。

パパやママが歯周病菌をもっていると、子どもも同じ歯周病菌をもつ確立が高くなってしまうのです。

また、歯周病の状態が悪いママの子どもには歯周病菌が多くいるという研究結果もあるようです。

そのため、パパやママが歯のケアをしっかりすることが大切なのです。

Aaaagh! / Finizio

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。