子どもは気管支が弱くて咳が出る?心配ない咳はどんな咳?

私達大人でも、冷たい空気に触れるとくしゃみや咳が出ますよね。

それと同じで子どももくしゃみや咳が出ます。

小さい体で咳をしていると苦しそうで心配になると思いますが、心配ない咳と受診が必要な咳があります。

今回は咳について紹介します。

・咳が出る原因

咳は口から肺に繋がる気道のどこかに、外部から侵入したウイルスやほこり等の異物がある時、その異物を排除しようとして反射的に起こる防御反応です。

子どもの咳は、ウイルスや細菌に感染して起こる呼吸器感染、気管支喘息、副鼻腔炎があります。

咳が比較的短い期間続く場合は、急性の感染症を起こしている可能性が高いですね。

咳が出る時は、コンコンと乾いたような咳、ゴホンゴホンといった痰が絡んだ咳、稀にケンケンといったクループ症候群という病気が潜んだ咳をすることもあります。

咳は体の異常を伝えるサインでもあるので、どんな咳をしているのか、どんな時に出るのか、いつから続いているのかをしっかりと把握しておくことが大切です。

特に子どもの咳が止まらない時は原因が他にあるかもしれませんし、咳が続くことで睡眠不足になり不調に繋がってしまうので早めの受診を心がけましょう。

・心配のない咳

朝晩の冷え込んでいる時間帯に咳が出たり、室内の温度が変わると急に咳き込む子どもは意外と多いものです。

普段咳が出るわけではないので気づきにくいのですが、温度差によって咳が出るのは喘息を持っている子どもだけでなく沢山の子どもが経験しています。

これは気管支が弱く、気管支の細胞がうまく機能していないから咳き込んでしまうのです。

気管支そのものの能力が弱いわけではなく気管支本来の作用がうまく働いていないという意味なので、大人になるにつれて気管支が強くなっていくので心配いりません。

生後2ヶ月未満の赤ちゃんが、おっぱいを飲んだ後にゴロゴロと痰が絡まったような音を立てて咳をすることがあります。

新生児期はおっぱいを飲むことにまだ慣れておらず、飲む時にちょっとした逆流や空気を一緒に飲み込むことで咳が出ます。

新生児期の赤ちゃんですので心配になりますが、おっぱいをよく飲み体重が増えているようであれば心配いりませんよ。

Chase Coughing / ryancboren

クチコミ(レビュー)の投稿をお願いします
1
2
3
4
5
投稿
     
キャンセル

クチコミ(レビュー)の投稿をお願いします

子育て支援のお助けママ
平均点:  
 0 クチコミ(レビュー)

Comments are closed.