授乳中に風邪を引いた時はどうするべき?薬の影響とは

子育てをしているママにとって風邪は大敵ですよね?子どもに伝染してしまうのではないかと気になってしまうと思います。授乳しているママであればなおさらだと思います。

今回は授乳中に風邪を引いてしまった時の対処法や薬の影響についてお話します。

・風邪を引いてた時の授乳は大丈夫?

母乳を飲ませることで風邪のウイルスが赤ちゃんへ移ってしまうのではないかと不安に思うママも入ると思いますが、母乳で赤ちゃんに風邪が伝染ることはありません。母乳で感染してしまうというよりも、気をつけなければならないことは飛沫感染です。母乳をあげる時、どうしても赤ちゃんの顔が近くなりますので、咳やくしゃみをすることで赤ちゃんに感染ってしまうことはあります。

対策としては、マスクをして授乳するようにしましょう。できれば授乳中だけではなく、同じ室内にいるためマスクは付けておくと安心です。

風邪を引くと母乳を中断するママもいますが、母乳には様々な栄養が含まれており、風邪を引いている時こそ赤ちゃんにたくさんの母乳を飲ませてあげることが大切になります。赤ちゃんは母乳を飲むことで、風邪を予防することができますよ。

・風邪薬を飲んだ時の対策

風邪薬はわずかな量ではありますが赤ちゃんに影響を与えます。

風邪薬の成分が母乳を通じて赤ちゃんの体へ運ばれてしまいますので、対策としては市販の薬を飲まないようにすることです。病院で処方された風邪薬であれば、赤ちゃんへの影響を最小限に抑えることができます。

また、病院で服用するかどうかを相談し、服用する期間はミルクで対応すると良いですね。ただし、今まで哺乳瓶を使ったことがない赤ちゃんは哺乳瓶もミルクも受け付けない可能性があります。風邪薬を飲んだ後では母乳に戻すことができなくなってしまいますので、服用前にミルクや哺乳瓶にチャレンジしてみましょうね。

・さいごに

風邪薬を服用中授乳をストップした場合、その期間が長くなれば母乳の再開が難しくなります。母乳より哺乳瓶に慣れてしまった赤ちゃんは、飲みやすい哺乳瓶を好み母乳を拒否することもあります。

また、搾乳しなければママの母乳を出す働きが弱まってしまいます。母乳の中断はできるだけ短くできると良いですね。

母乳を出さない期間は乳腺炎になる可能性もありますので、搾乳したりマッサージをして乳腺が詰まらないように気をつけることも大切です。秋から冬にかけては風邪を引きやすく、また長引きやすいですから、風邪予防をしっかりして赤ちゃんに風邪が感染らないようにしましょうね。

DSC_7954 Photo by Al van Akker / Mothering Touch

クチコミ(レビュー)の投稿をお願いします
1
2
3
4
5
投稿
     
キャンセル

クチコミ(レビュー)の投稿をお願いします

子育て支援のお助けママ
平均点:  
 0 クチコミ(レビュー)

Comments are closed.