子宮頸管ポリープとは?悪性でもその後の妊娠はできるの?

子宮頸管ポリープという女性特有の病気があります。

子宮下部にある子宮頸管にできる良性腫瘍のことですが、自覚症状がなく気づきにくい病気といえます。

しかし、放っておくと妊娠への影響があるので治療が必要になるのです。

今回は子宮頸管ポリープについて紹介します。

・子宮頸管ポリープとは

子宮の入り口にあたる子宮頸管という部分に、細胞が増殖してできる良性腫瘍のことです。

腫瘍という言葉を聞くと不安になるかもしれませんが、子宮頸管にできたイボと捉えましょう。

子宮頸管ポリープは通常3㎜から5㎜くらいの大きさで、キノコ状の形をしています。

大きくなると1㎝から3㎝程度のもあり、長くなると子宮口の外にまではみ出して、膣の方に垂れ下がってくることがあります。

子宮頸管ポリープは1つだけできることが多いのですが、複数できることもあります。

30代から50代の多産婦によく見つかる病気ですが、20代にもみられます。

ただ、自覚症状がなく妊婦検診や婦人科健診で見つかることも多いのです。

子宮頸管ポリープが、がん化して悪性腫瘍となることはほとんどないので、自覚症状がなければ放置しても良いのですが、妊娠を望む場合は影響があるので切除術を受けることが多いと思います。

・子宮頸管ポリープの原因と症状

子宮頸管ポリープのはっきりとした原因はわかっていませんが、女性ホルモンのバランスが乱れたり、細菌感染して子宮頸部に炎症を起こすことが原因と考えられています。

自覚症状はない場合が多いのですが、不正出血がみられるかもしれません。

性交や激しい運動、排便時のいきみなどちょっとした刺激で、少量の出血があります。

ポリープの大部分は組織が赤みをおび、血管が多く、柔らかくて充血しやすいことから、簡単に出血してしまいます。

出血は、おりものに赤い出血や茶褐色が混じったものが出てくると思います。

しかし不正出血以外の症状はなく、子宮頸管ポリープには気づきにくいと思います。

・子宮頸管ポリープの治療法

子宮頸管ポリープは自然治癒することはほとんどないので、ポリープの表面が綺麗であれば経過をみるかもしれませんが、ほとんどの場合切除するのが基本です。

ポリープの大きさによって切除方法は異なりますが、ハサミでカットしたり、鉗子という器具で根元からねじりとる簡単な手術です。

個人差はありますが、麻酔を使わずに痛みもほとんどなく切除できます。

大きなポリープは電気メスなどを使用し、1日ほど入院するかもしれません。

切除したポリープは良性か悪性化を検査します。

妊娠中に子宮頸管ポリープが見つかった場合は、そのままにしておくと感染症や絨毛膜羊膜炎のリスクが高くなり、妊娠に悪影響を及ぼすことがあります。

妊娠中期以降に切除することがありますが、切除することで流産の確率が高まったり破水を誘発するという報告もあり、医師によって対応はさまざまです。

治療はパートナーや医師と相談して決めましょう。

・子宮頸管ポリープがあっても妊娠できる?

子宮頸管ポリープが不妊の原因ではなく、性交するたびに出血があり性交が億劫になることで妊娠しづらくなることはあるようです。

自覚症状がなく見つけにくいですが、妊娠中に見つかると悪影響がありますので、妊娠前に切除術を受けるようにしましょう。

子宮頸管ポリープは1度できると根元の部分から再発することが多いので、妊娠を希望している場合は1年に1度は子宮頸管ポリープが再発していないか診てもらうと良いですね。

子宮頸管ポリープは悪性腫瘍と診断される確率はほとんどなく、子宮頸管ポリープ全体の0.01%です。

万が一悪性の場合は、子宮頸がんとして治療を開始します。

子宮頸がんだとしても早期であれば将来妊娠する可能性はありますし、妊娠中でもそのまま妊娠を継続できるケースがあります。

子宮頸管ポリープから子宮頸がんを発症することはほとんどありませんが、妊娠を希望している女性は特に、定期的に産婦人科で検査を受けるようにしましょうね。

Surgery / Army Medicine

クチコミ(レビュー)の投稿をお願いします
1
2
3
4
5
投稿
     
キャンセル

クチコミ(レビュー)の投稿をお願いします

子育て支援のお助けママ
平均点:  
 0 クチコミ(レビュー)

Comments are closed.