小さな手や足を記念に!手形や足型の上手なとりかた

赤ちゃんの柔らかい手や足。

いつまでもこの可愛さを残しておきたいと思うママは多くいます。

そこでオススメなのが、手形や足型をとって残しておく方法です。

今回は手形や足型のとりかたや、いつ残すと良いかなどを紹介します。

・手形や足型はいつとる?

赤ちゃんの手形や足型を残すのは小さなうちだからこそ価値がありますね。

そのためお七夜や百日などの記念イベントの時など、できるだけ小さなうちにとっておくと良いと思います。

手形や足型は赤ちゃんが大きくなった時に触れることができるため、ビデオや写真とは一味違う楽しみがありますね。

・手形足型のとりかた

手形や足型の台紙を用意しますが、自分で好きなものを用意しても良いですがキッドなども売ってますので調べてみると良いと思います。

朱肉を使って手形や足型を残すことが心配であれば、水性の絵の具でもできます。

しかし産院でも退院祝いに朱肉やインクを使って手形や足型をとってくれることがあるので、赤ちゃんの体に害があることはありません。

終わってすぐにきれいに洗い流せば心配ないのですが、落とす手間を考えると絵の具が良いかもしれません。

また、粘土のタイプもあり押し付けるだけで簡単に手形や足型をとることができます。

足型をとる時は台紙や粘土を平らなところに置いて、赤ちゃんを抱え立たせるようにとるとうまくいきます。

手形はすぐに指を曲げてしまうので、短時間で取れるようにしましょうね。

朱肉やインクを使う時は床が汚れてしまうので、すぐ拭けるようにタオルを用意して新聞紙などを敷いて行うと安心です。

赤ちゃんが泣いてしまって多少ズレてしまうのも思い出ですし、気になる時は赤ちゃんが寝ている時間を見計らってするのも良いと思います。

小さな赤ちゃんの思い出をぜひ残してあげましょう。

(00) / Ana_Cotta

クチコミ(レビュー)の投稿をお願いします
1
2
3
4
5
投稿
     
キャンセル

クチコミ(レビュー)の投稿をお願いします

子育て支援のお助けママ
平均点:  
 0 クチコミ(レビュー)

Comments are closed.