完全母乳で哺乳瓶は必要?サイズや素材の選び方

赤ちゃんが生まれる前に用意するグッツとして哺乳瓶があります。

完全母乳で育てようと思っているママでも、哺乳瓶の出番は意外と多いものです。

出産してすぐは分泌量が少ないですし、ママと赤ちゃんのタイミングが合わなければ母乳を飲ませることができません。

このような時、搾乳して哺乳瓶を使いあげることもあるんです。

今回は哺乳瓶の選び方を紹介します。

・哺乳瓶の選び方

哺乳瓶とは言っても様々な素材やサイズが販売されています。

ママのおっぱいに近い吸い心地にされているものやゲップを抑制するものなどがあり、迷ってしまうかもしれませんね。

赤ちゃんにも好みがあり用意した哺乳瓶を使ってくれないこともありますので、赤ちゃんが吸いやすく成長にあったものを選んで欲しいと思います。

完全母乳で育てる予定でも、いざとう時に使えるよう哺乳瓶には慣れさせておくと安心です。

・哺乳瓶のサイズ

哺乳瓶にはミルク調合のためにメモリがついています。

サイズは50mlから240mlと幅広くあり、月齢によって飲める量が異なりますので成長に合わせて買い足す必要があります。

新生児の頃は1度に飲める量が少ないため50mlで十分ですし、このサイズは湯冷ましや果汁を飲ませたり、離乳食が始まってからも便利です。

サイズが大きいと冷めるのに時間がかかり、月齢に比べてサイズが小さいと何度も作り足さなければなりません。

一度に飲める量を判断し購入しましょう。

・哺乳瓶の素材

ガラス製

オーソドックスな哺乳瓶がガラス製です。

持ち運びが重いため、普段自宅で使用するのにはオススメです。

丈夫で耐久性がよく、煮沸消毒、薬液消毒、電子レンジ消毒ができます。

プラスチック製

軽くて持ち運びやすいので外出用として用意するママが多いようです。

熱や消毒液に強く、傷や汚れが付着しにくい点は良いですが匂いがつきやすいところがあります。

煮沸消毒、薬液消毒、電子レンジ消毒ができますが電子レンジ消毒をすると白く濁ってしまうので止めた方が良いですね。

プラスチックの種類によっては環境問題が心配されるので、哺乳瓶選びの際は素材チェックを忘れずにしましょうね。

トライタン製

トライタン製は新素材で、ガラス製とプラスチック製の良い所を合わせた素材にになります。

ガラスのような透明感とプラスチックの弾力があり割れにくいという利点があります。

110℃まで耐熱がありますが煮沸消毒、薬液消毒しかできず、電子レンジ消毒ができないのがデメリットです。

Encuentro con la botella / Daquella manera

クチコミ(レビュー)の投稿をお願いします
1
2
3
4
5
投稿
     
キャンセル

クチコミ(レビュー)の投稿をお願いします

子育て支援のお助けママ
平均点:  
 0 クチコミ(レビュー)

Comments are closed.